Psychedelics

メキシコサイケデリックス留学③

メキシコサイケデリックス留学①ではマジックマッシュルーム、メキシコサイケデリックス留学②ではアヤワスカについて書きましたが、今回はペヨーテについて書きたいと思います。

◆ペヨーテ

ペヨーテはメキシコやアメリカ南部に生息するメスカリンなどの幻覚物質を含むサボテンです。マジックマッシュルームやアヤワスカと同様に、大昔から部族によって神聖なMedisonとして儀式や治療に扱われてきました。

ペヨーテは、ナワトル語で”青虫”を意味する「ペヨトル」が語源となっています。メキシコではウイチョル語で「ヒクリ」とも呼ばれています。

▲ペヨーテのティンクチャー

ペヨーテはメキシコではサプリメントや漢方の様な使われ方をしています。このティンクチャーはマイクロドージングとして使用します。身体や精神の調子を整えたりするようです。

(サイケデリックスにおける)マイクロドージングとは、重大な精神作用や幻覚作用を催さない程度の少量のサイケデリックスを摂取することを言います。北米などではサイケデリックスのマイクロドージングがトレンドになっています。

筆者もペヨーテを試してみましたが、量が少なかったからか効果を得る事ができませんでした。ペヨーテの作用を得るには、比較的大量のペヨーテが必要だそうです。

▲ペヨーテを入れたメスカル

メスカルとは、アガベ(リュウゼツラン)を主原料とするメキシコ特産の蒸留酒の総称です。メスカルには大麻成分のTHCなどを配合することもありますが、この商品にはペヨーテが入れられていました。

▲ペヨーテ+カンナビスのジェル

また、ペヨーテは塗布薬としても利用されています。身体の痛い部分に塗ると、痛みに効く様です。

▲シャーマンが飼っていたペヨーテ

ペヨーテは飼育することも可能です。

▲ペヨーテの聖地 -San Luis Potosi州

メキシコにはペヨーテの聖地と呼ばれる San Luis Potosi という州があります。今回は残念ながら行く事ができませんでしたが、ここでは野生のペヨーテを採取することができるそうです。

ペヨーテの儀式なども行われている様なので、また機会があれば行ってみたいと思っています。

以下の記事ではペヨーテについて詳しく書いておりますので、興味のある方はチェックしてみてください。