Psychedelics

メキシコサイケデリックス留学④

今回はメキシコでのサルビアの体験について書きたいと思います。

◆サルビア

▲サルビア(正式名称: サルビア・ディビノラム)

●サルビアはメキシコ原産の植物

●サルビノリンAという幻覚物質を含有する

●昔から儀式や治療に使用されている

●通常のサルビアの効果は弱いが、濃縮サルビアの効果は強力

●日本ではサルビア自体は合法だが、サルビノリンAと吸引目的で乾燥させたものは違法

◆サルビアの体験

▲40倍に濃縮されたサルビア

メキシコでは、サルビアを合法的に入手することが出来ます。しかし、通常のサルビア以外にも濃縮サルビアというものが存在し、通常のサルビアを20倍〜100倍濃縮したものが一般的に販売されています(20倍、40倍、100倍などに分けられています)

濃縮されたサルビアは通常のサルビアよりも圧倒的に効果が強力になり、その強度は濃縮度に比例します。

▲20倍に濃縮されたサルビアのパッケージ

サルビアの摂取方法はパイプやボングでの吸引で、発生した煙に含まれる成分は肺から吸収されます。煙は大麻の吸引時よりも長時間肺に留めておく必要があり、時間で言えば20秒が目安かと思います。

自分の場合、40倍濃縮のサルビアをボングで限界まで吸引し、限界まで肺に留めました。吸引後、数秒で重力が倍になり、その直後に重力の向きが横向きになった様な感覚に陥りました。『ジョジョの奇妙な冒険-第6部-ストーン・オーシャン』の敵スタンド、『C-MOON』の能力のようなイメージです。

具体的に言えば、床が家の壁になり、数十メートルか数百メートル下にある壁に落下しそうになる幻覚を見ました。ですので、壁に落下しないように必死に床にしがみ付きました。普通に考えればこの様な状況はあり得ませんが、急な展開にパニックになりました。高い所から落ちる悪夢を見た事がある人は多いかと思いますが、それに近かったと思います。

さらに、理解能力が極限まで低下し、何が起こっているのか全く理解できない状況になりました。そして、「自分は脳にダメージを受けて一生このままなのか?」「人生終わった」という強い不安に襲われました。

自分はアヤワスカやチャンガ、ブッフォなどの経験もあり強力なサイケデリックスに慣れていたことから、完全に油断していたため不意打ちを喰らった気分でした。また、サルビアの効果はそれらに似た様なものだと予想していましたが、それとは全く異なりました。しかし、効果は10分程度でおさまりました。

◆他のサルビア経験者の感想

●身体がキューブ状に変わった

●身体がゴム状になり、引き伸ばされた

●自動販売機が動き出し、食べられそうになった

●家具と身体が一体化した

●透明な壁に挟まれて動けなくなった

●違う場所に瞬間移動した

何人か他のサルビア経験者にも感想を聞いたところ、各々が異なる体験をした事がわかりました。また、ほぼ

全員が『2度とサルビアを使用したく無い』という意見でした。

サルビアの効果を分かりやすく例えるなら、アニメ『ジョジョの奇妙な冒険』のスタンド攻撃がそれに近いかと思います。経験者は皆それに対して共感してくれました。

サルビアを使用するとどうなるのかもっと知りたい方は、YouTubeで検索すればいくつか動画があるのでチェックしてみて下さい。